ローバーミニでソロキャンプに行きたい!最高な組み合わせ

スポンサーリンク

ローバーミニとソロキャンプ。この2つを組み合わせると、それはそれはエンスーでノスタルジーで思い出に残るイベントになることでしょう。

管理人はミニでキャンプに行ったことはないので、あくまでも行きたい!という願望と、こんな楽しみ方があるよという紹介です

\ 1日1票、応援してください!//

ローバーミニとソロキャンプ

まずはこちらの画像を御覧ください。

これは『三代目と常勝ローバーミニ』さんが投稿している動画の一部で、ミニでソロキャンプをしている様子の画像です。

場所は北海道の朱鞠内湖しゅまりないこ。キャンパーの間では聖地と呼ばれる人気スポットです。

ミニのカラーと北欧を思わせる景色の組み合わせが最高!奥に見えるタープ(テントみたいなやつ)がキャンプ感を引き立ててくれますね!

この方はソロキャンプ(1人でするキャンプ)の様子を投稿されているのですが、実に味わい深い様子が映し出されているのです。見ていても飽きることがありません。

ソロキャンプしたくてたまらない病

最近はキャンプが脚光を浴びていますね。雑誌や番組、アニメなど至るところで紹介されています。

かくいう私もアニメを通してソロキャンプしたい病にかかってしまった1人で、『ゆるキャン△』という番組がきっかけです。

女子高生のキャンプライフを描いていて、嫌な人が1人も出てこない平和を絵に描いたようなアニメなのです。Amazon Primeに入るとアニメもドラマも見放題なので、ゆるキャン△を視聴する目的だけでPrime会員になるのもおすすめです!(30日間無料ですし)。

ソロキャンプをやってみたい!でもこれにローバーミニを組み合わせたらもっと楽しいんじゃないか!?ミニとキャンプ、これ以上にない最高の組み合わせなんじゃないか!?と1人で妄想が膨らんでいるのです。

ミニでキャンプに行く準備

ミニでキャンプに行くにはキャンプ用品一式をミニに積み込む必要があります。

テントやチェア、シュラフ(寝袋)にクッカー、食材などなど準備するものは多岐にわたり、狭いミニの車内はいっぱいになってしまうかもしれません。

トランクと後部座席に入れてそれでも入り切らないものはルーフキャリアに乗せてみましょう。

大きめのボックスを用意して中に道具を詰め込み、ボックスごとルーフキャリアに縛り付けるのがよさそう。ソロキャンプならルーフキャリアまで必要なくても、大勢で行くなら必須かもしれません。

トランクをテーブル代わりに

どうしても私がやりたいミニ&キャンプで、ぜひトランクをテーブル代わりにしてのんびり時間を過ごしたいというのがあります。

これこれ!トランクを開けて木のテーブルを乗せ、上にカップや食器を並べて過ごす贅沢。シンプルな構造なのでDIYで作成する人が多いみたいですね。

キャンプにおいてテーブルはやっぱり便利なもの。ソロキャンプでもみんなでキャンプでも活躍すること間違いなしです。

ただしミニの近くで焚き火するのは厳禁です。ガソリンが近くにあることに加え、火の粉が飛んで塗装を痛める恐れもあります。あくまで食事をする場所、憩いの場としてミニを使うのです。

ミニ好き+ソロキャンプ好き=かなりの変わり者?

ローバーミニを好きな人はちょっと風変わりな人が多いと聞きます。乗り心地のいい国産車ではなく敢えて古くて手間とお金がかかる車に乗ろうとするのですから、そういう意見があって当然でしょう。

また、ソロキャンプ好きも変わり者と言われます。1人でキャンプして何が楽しいの?というのがほとんどの人の疑問で、1人でやる意味がわからないと言われます。

つまり、ミニに乗ってソロキャンプをしたいという願望を持つ私(管理人)はかなりの変わり者認定というわけですね!いいんですいいんです、私は好きでやっていますので。

ミニもソロキャンプも、敢えて苦労を買って楽しむという側面があると思います。

一筋縄ではいかないミニ、あれこれトラブルは1人で対処しなくてはいけないソロキャンプ。どうしてそんな苦労をしてまでやりたいの?と言われますが、そこに楽しさを見いだせる人もいるんですよね。

ワイワイ仲間(サークル)でつるむミニライフ、大勢で楽しむキャンプも楽しさはありますが、1人だからこそ気付く楽しさもきっとあります。

ゆっくりと流れる時間で己との対話を通じて見える新しい世界。ミニとソロキャンプには両者に通づる何かがあると私は感じています。

ミニでソロキャンプ。いつか叶えたい夢

私の夢リストに1つ加わった『ミニでソロキャンプに行く』こと。

ミニの楽しみ方の1つとして皆さんも挑戦してみてください。その暁にはぜひ感想を聞かせてください!

\\ 1日1票、応援してください!//

ゆーすけ(守屋祐輔)

ゆーすけ(守屋祐輔)

ミニ1000(89年式MTキャブ)が愛車の複業家。東京でサラリーマンをやりつつ、いつの日か愛車を東京に連れてくるのが夢。愛車の詳しい紹介はこちら。ブログムクッといこうとオリジナルサイン作成サービスのご署名ネットを運営中。ここをクリックしてブログ村ランキングの応援をお願いします。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。