ローバーミニのカスタマイズ!人気のMk1(マーク1)スタイルって何?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ミニ1000(89年式MTキャブ)が愛車のパラレルブロガー。東京でサラリーマンをやりつつ、いつの日か愛車を東京に連れてくるのが夢。ブログムクッといこうとオリジナルサイン作成サービスのご署名ネットを運営中。

ミニはそのまま乗っても楽しい車ですがなんといっても自分好みのカスタマイズをする楽しさもあります。

定番のカスタマイズからマニアックなものまで多種多様なミニの改造ですが、今回はMk1(マーク1)について紹介します。

スポンサーリンク

ミニもモデルチェンジがあった

ミニの魅力の1つに登場からほとんど姿を変えていないことがあります。

日本車は新車として販売されても1年もすればマイナーチェンジを実施します。

せっかく最先端のモデルを購入しても短い感覚でデザインの変更が入ってしまうと買った側としてもなんとなく損した気分になってしまいますよね。

ところがミニは登場から60年近くも経つにも関わらずほとんどモデルチェンジはありませんでした。

よーく見たら細かいパーツの変更はあるものの、この60年の間で敢えて挙げるとすれば2回のマイナーチェンジをしています。

スポンサーリンク

Mk1(マーク1)

Mk1(マーク1)と呼ばれるタイプ。

これはミニが登場した1956年当初から採用されていたスタイルのことを指します。

Mk1

グリル

まず最もわかりやすいポイントは正面のグリルの形。

Mk1は上の写真のようにゆるやかなカーブを描いたグリルを採用しています。

これがMk2以降のミニになると下の写真のように角ばったグリルをしています。

スライド窓

Mk1は運転席と助手席の窓がスライド式になっています。

Mini3 1

現代のようにパワーウィンドウや手動でグルグル回して窓が上下に動くタイプではありません。

ドアのアウターヒンジ

Mk1ではドアの接合部のアウターヒンジがあるのが特徴です。

Mini 33 1

写真に写っている車は管理人の愛車ですが、実はこのアウターヒンジはダミー品です。

材質はプラスチックでできています。

ウィンカー

丸っこいウィンカーが特徴です。

Winker

しかし実はこのウィンカー、視認性は最悪に悪い代物。

ライト自体がかなり小さいものなので走行中に気付かれないこともしばしば。

楕円形のテールライト

Mk1のテールライトは写真のように楕円形をしています。

Mmini

これがMk2以降になると下のように角ばったライトになります。

ドアの形状

物凄く細かい箇所ですが、Mk1とそれ以降のミニはドアの形が違います。

一番わかりやすいポイントはアウターヒンジの下を見てもらうとわかります。

Mk1は下の写真のようにドアの形が緩やかなカーブを描いています。

Mini1 1

それに対してMk1以外のタイプだとカーブが無くなりスッと一直線の形をしています。

Mini 33

大人気!10インチのタイヤ

見た目にもかわいい丸っこくて太いタイヤ。

Mk1スタイルには欠かせない10インチタイヤですね。

Mk1

かっこいいスポーツカーは見た目をスタイリッシュにするためにインチアップをしますが、ミニはその逆。

タイヤを太くしてインチダウンすることがおしゃれなんです。

板金加工が必要なものがほとんど

クラシック要素をぐっとアップさせてくれるMk1スタイルはミニ愛好家の中でも一番人気のカスタマイズ。

しかしグリルの形を変えたりランプの形を変えたり、Mk2以降のミニをMk1に近づけるためにはほとんどの工事に板金加工が必要になります。

つまりボディ本体に穴を空けたり埋めたりする作業が出て来るわけです。

このレベルになると素人では手を出すことができず専門店にお願いするしか方法がありません。

一度に全てやってしまうと金額も相当な額になってしまうので目立つグリルやテールライトだけなどパーツを絞ってMk1に近づける人もいます。

時間をかけて自分好みにミニに仕上げていくか、もしくは購入の段階である程度カスタマイズされたミニを購入するかは好みによりますね。

お財布と相談しながら一番いい方法を見つけていきましょう。

スポンサーリンク