ローバーミニを運転していて鏡に反射して自分のミニが見えると嬉しい

スポンサーリンク

タイトルの通りです。
ミニを運転中、ショーウィンドウや鏡に映る自分のミニを見ると嬉しくなりませんか

車を運転する人の多くはこの気持ちをわかっていただけると思いますが、特にミニに乗っていると強く感じることがあるんですよね!

\ 1日1票、応援してください!//

見た目がかわいいミニならでは

私個人の意見として、ミニ乗りは他の車好きと比べて車に対する愛着が人一倍強いと感じていて、ミニのルックスにもこだわりを持った人ばかり。

我が子を見るかのような眼差しでいつもミニと接しているため、ショーウィンドウや鏡に自分のミニが映るとパッと表情が明るくなるのでしょう。

人のミニを見てかわいい・かっこいいと感じるのは当然ですが、それが自分のミニのことになると嬉しさが倍増しちゃうんですよね!

でもやっぱり人のミニより自分のミニが一番と思っちゃう・・・

自分のミニが動く姿はなかなか見られない

自分のミニが動いている姿を見る機会ってそうそうありません。

自分が運転していたら当然見えないですし、他人に運転を任せることもミニ乗りは少ないはず。

それもあって、鏡に映る自分のミニが動いていたら狂喜乱舞してしまうんですよね!

運転中は本当は前を向かないといけないのに、いつまでもショーウィンドウから目が離せない経験は誰でも一度は通る道。

動画で撮影して見る自分のミニも悪くはないのですが、それだとなんか違うんだよなぁ。

ミニを操っている!という気持ちが気分を高揚させる

鏡に写った運転中の自分のミニを見ると、手足のようにミニを操っているという錯覚に陥って嬉しくなること、あると思います。

特にMT乗りはその感覚が強いと思っていて、ただでさえシフトレバーをガチャガチャして自己満足に浸っているところ、ミニを操縦している姿を客観視して操縦することによる満足感・感動・嬉しさが相まって気分が高揚してくるのではないでしょうか。

当然周りからすれば「あ、ミニが走ってる」「古い車だ」ぐらいの感想かもしれませんが、運転している当人からすればこの上ない悦に浸っている瞬間なのです。

完全に自己満足の世界。でもそれがいい

自分のミニを鏡で見て喜ぶことも、自分が運転する姿をみて狂喜乱舞することも、こうやってそれをわざわざ記事におこしていることですら、全て自己満足の世界といっていいでしょう。

別に誰に迷惑をかけるわけでもありません。自分が楽しければいいんです。

こういう感覚を、特に古い車に対してはエンスーと表現しますね。ローバーミニはエンスーな車の代表格といっても過言ではないでしょう。

ナルシストとは違う

これ、勘違いされがちですが、決してナルシストだから自分のミニに見惚れるわけじゃないんです。

ミニが好きだからこそ、誰よりも愛情を持って接しているからこそ湧き上がる感情なだけで、ナルシストとはちょっと違うのかなぁと思ってます。

鏡スポットを見つけておこう

ミニで出かける時は事前に鏡に映るスポットを確認して出かけるといいですね。

最も確実な場所はお店が並ぶ道路。ガラスのショーウィンドウや窓にミニが映り込みますし、店内が暗ければさらに見えやすくなります。

または山道のカーブミラーも映り込みポイントです。山道ってところどころに停車できる少し広めの場所が設置されていませんか?その近くにミラーが設置されていれば完璧ですね。

狙って見つけるのは難しいですが、タンクがピカピカに磨かれたタンクローリーもおすすめ。真後ろもいいし横につけてもいいです。信号待ちに重なれば十数秒は自分のミニと向き合えることでしょう。

\\ 1日1票、応援してください!//

ゆーすけ(守屋祐輔)

ゆーすけ(守屋祐輔)

ミニ1000(89年式MTキャブ)が愛車の複業家。東京でサラリーマンをやりつつ、いつの日か愛車を東京に連れてくるのが夢。愛車の詳しい紹介はこちら。ブログムクッといこうとオリジナルサイン作成サービスのご署名ネットを運営中。ここをクリックしてブログ村ランキングの応援をお願いします。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。